もんぶろぐ 社会
FC2ブログ

宇宙について

先日は、宇宙飛行士 山崎直子さんがスペースシャトルでの地球圏外活動があり、日本中大騒ぎでしたね。
スペースシャトルの事業もあと数回限りで、今後はいままで費やしていたスペースシャトルへの費用を火星探査へ振り分けるというのが、オバマ大統領の発言でいわれているようですね。

人類の活動を振り返れば、およそ40年前(1960年代-70年代前半)にはアポロ計画による月への有人飛行を何度も成功しているというのが公式的な記録です(あえてこう書きます)。それから40年間はスペースシャトル計画での地球圏外活動による実験をおよそ130回続けてきました。

私のライブ感としては、スペースシャトルの映像は何度もみているのですが、アポロ計画での月面探査・着陸については「映画」の世界でしかありません。では、スペースシャトルの行って活動している「宇宙」ってのは、どんなところか?って調べたことがありました。スペースシャトルは地球表面からおよそ「300km」の軌道を回っています。「300km」って距離がどういうところか?ってことなんですが、wikipediaの「地球の大気」によれば、熱圏と呼ばれる大気層にスペースシャトルの活動している「300km」は含まれるようで、単純にいえば、

スペースシャトルは地球の縁まで行って活動しているだけで、宇宙にはいっていない。

のかもしれません。テレビでは宇宙宇宙と連呼していますが、実際は宇宙ではないのかもしれません。「地球の大気」にも「大気圏と宇宙空間との境界は、何を基準に考えるかによって幅があるが、便宜的に高度80kmから120kmあたりとされている」とのことで熱圏に含まれる範囲なところをみても、比較的曖昧な領域であるのは間違いありません。

こうかんがえてくると、人類はアポロ計画以来40年以上大気圏から出たことがないことが解ってきました。このことからふつふつとスペースシャトル計画とアポロ計画のギャップの差に驚くかぎりです。また、「アポロ計画に関する陰謀論」がある中、火星に行く計画をしているようですが、私は、まず月へ人類は行ってもらいたいって思っています。

本当に人類は月へいけるのか?自分の世代としてライブ感をアメリカ・日本の科学者?に示してもらいたいです。それからでも火星へいくのは、遅くないと思っています。

スポンサーサイト



2010/04/29 23:31 | 社会COMMENT(0)  TOP

相撲と世界?

先週、ひさびさに大相撲をみた。

はじめの幕内の入場の際に驚いたことがあった。「モンゴル出身○○部屋」って力士がかなりいたことだった。「○○県出身~」という力士はほとんどいなかった。後で調べてみたが、10人/41人中らしく、かなり多いと思った。
今場所から朝青龍は引退しての話なので、もし今場所も在籍?していたら、11人ということだったのだろう。

私が小さい頃の外国人力士といったら、ハワイ(米国)出身力士であったので、その変貌は急なのかもしれない。

wikipediaによれば、平成の前半(2000年以前)まではハワイ時代が続き、貴乃花引退(2003年1月引退。但し、2002年はほとんど出場しておらず、実質2001年まで)を境にモンゴル時代(朝青龍2003年横綱昇進)がはじまったということのようだ。ハワイ出身者が武蔵丸以降はほとんど目立っておらず、ハワイの座はモンゴルへ移ったと考えれば良いのだろう。

今場所、朝青龍引退がさめない中、把瑠都力士が注目されだしていた。把瑠都力士は、調べてみると、初入幕から4年目?でトントントンと上がってきた感じではなさそうであるようだった。その応援ぶりは、3月場所前から新聞・テレビでの大応援で、それに応えて、今日まで13勝(1敗)の大活躍である。これで、関脇から大関への昇進は確実のようである。

力士にはタニマチ制度というものがあり、贔屓の力士に無償で応援する人達がいるということらしいのですが、モンゴル時代が終わったのであれば、今後は東欧/ロシア時代がやってくる前兆なのでしょうか?

2010/03/27 19:18 | 社会COMMENT(0)  TOP

メディアミックスと今後の世の中

最近のテレビ視聴ってのは点いているだけで、ほとんど顔はコンピュータに向いているのですが、HDDレコーダーに撮ってまで観ている番組は二つあります。

ビートたけしのTVタックル
博士の異常な鼎談

です。TVタックルはUFO論議の頃からのファンでしたが、最近の政治論議も最新政治を理解するのに助かっています。こちらは、テレビ朝日での放映ですのでかなり視聴者も多いでしょう。

博士の異常な鼎談(せいだん)ですが、こちらは、各界の著名人を呼んで最先端?の議論を進行役の博士とコメンテータ宮崎哲也氏が議論を深めるというインタビュー形式の放送です。こちらは、MXテレビとTV神奈川でしか放映しておらず、おまけに木曜日の23時30分開始という番組なので、知っている方も少ないと思います。

先日といっても1ヶ月くらいまえですが、「宇多丸」さんというミュージシャンがでて、興味深いことを言っていました。

メディアミックス」という言葉を発して、「メディアは本当のことをいえなくなっている」と言ってました。
単純に言ってしまえば、TVで薦めている「物」「企画」ってのは、広告料を支払ってTV放映しているため、TV出演者は決して悪口を言わないし、言えない状況にある、らしいです。

たしかに、最近ではTV局が元締めで映画を作製して広告(応援)するってのが多いですよね。そんなの観ても、私はなにも思いませんが、普通の視聴者にはTV局の影響はすさまじいし、たくさんの人を動員できるのでしょう。

その話を聞いて思い出したことがありました。私が大学生の頃、友人の弟がアパレル関係の会社をやっていました。若者向けの高級衣料品(ジーパンが3万とかTシャツが1万とか・・・)というカテゴリだったと記憶してます(「3rd stone」?って名前)。友人が言うには、そのブランドを「トゥナイト」というTV番組で宣伝するから金(10万or30万)をよこせって言ってきた、って話を聞きました。たしかにトゥナイトって番組は、その当時のトレンドをいち早くつかんで放映するって趣旨が会った番組でした。今でいえば、視聴層は違いますが「王様のブラン○」なんてのが比較的にてるのかな?
当時はそこまでの影響力もなく結局その弟は、そのオファーを断ったってきいたのですが、テレビが薦める宿・レストランってのも本当のところ、どうなのか?って思います。

最近は、世の中全体的に失敗することを恐れる傾向にあり、その結果として、メディアの戦略にうまく組み込まれてしまっているのでしょうか?メディアに従事する人たちも信条として「良い物」「正しい物」を報道してもらいたいのですが、彼らも一介の「サラリーマン」であり、「諭吉のビンタ」にはかなわないってことなのかもしれません。

2010/02/13 12:12 | 社会COMMENT(4)  TOP

女性が髪を切ること

ここ最近、女性タレントが髪をバッサリ切る方が多いと、良く読んでいるブログに出ていました。先週かなにかも、某女性タレントが髪をきることについてドキュメントタッチで紹介している番組がありましたね。

女性が髪を切るってのは、私は女性でないのでどの程度の意味を持つかわかりませんが、とにかく、「思い切ったこと」なんだと思います。その思い切ったことをする背景に、どうも裏があるのでは?というのがブログの紹介なのですが、どうなのでしょう。

最近の薬物汚染、芸能界を揺るがしているようです。先日執行猶予でシャバにでていた芸能人が今週再逮捕されたんですが、その理由が、「髪の毛に蓄積した薬物が決め手」とのことらしいです。

この女性タレントの髪切りブームと上記のことに相関があるかどうかわかりませんが、同じ時期に証拠隠滅につながるような行為がブームになるのは、何らかの情報が「犯罪者達」へ流れているって意味をもつのでしょうか?

真実は、権力の側からみてみないと分らないのはいうまでもありません・・・。

2009/12/08 23:50 | 社会COMMENT(2)  TOP

liar game 見てますか?

LIAR GAME 見てますか?今日は、第何回目だったのでしょう?
LIAR GAME シーズン1の時も見てました。23時くらいから始まっていたと思います。今は火曜日21時ですね。

主演の戸田恵梨香さん、実は私と同じ誕生日なんです。だから応援!しています(笑)。

もとい、LIAR GAME って何を意味してあんなドラマに仕立ててるのか?って思うと、ふと思うことがありました。
神崎直という女性が馬鹿正直で、いつも「鴨」られてしまうのですが、それを、秋山(松田翔太さん)が助けるというのが、大体の形です。秋山は、ゲームに仕掛けられる、「隙(タネ)」のようなものを紐解きゲームを勝っていくわけですが、ゲームのルールでは、事務局がかならずもうけるということと、勝者と敗者が出てきて敗者は莫大な借金を背おわなければならなくなることです。

直は、その際に誰も勝たなければ、誰も損をしないという、ゲームに反することを言い出し、これが問題を解決させていくわけです。

いや、これは、自分も実体験したことがあるなぁ・・・。そうだ!これは、金融取引と同じなんだ!ってことが分りました。

株取引、私はさほどやっているわけではないですが、かなり騙されて損をして気づいたことがありました。必ず金融会社(銀行・証券)は雰囲気を作って、とある商品を買わせます。たとえば、「REITってのが流行っている」とか、「FXが人気」とか。しかし、これは大きな落とし穴を掘ったあとで、最後にどうしようもないくらいのぼろを最後の「鴨」につかませることなんだと。金融取引では、かならず証券会社など胴元がもうけるし、各取引でも勝つ人と負ける人がいると・・・。

そうなると・・・、このドラマで言っている何かの隙(タネ)が、実の金融取引にもあるのでは?ってこととつながっているようだと勝手に思っています。要は、株が上がる(上がりそう)下がる(下がりそう)、っていうのは売り出される前から実は分っているんだけど、それを黙って、「嘘」をついて人に買わせる(売らせる)ってことなんだってこと。そうだとすると、これはインサイダーそのものなんだけど、それは儲ける人たちだけ、黙って丸儲け!ってことなんですね。

つまり、テレビが言っている反対を行うと「勝つ」ってことかもしれません。

2009/12/08 23:33 | 社会COMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»