もんぶろぐ 完走しました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

完走しました

朝起きると、網戸になにかが止っていることに気づきました。
DSCN1026_convert_20090823220216.jpg

セミでした。前回は抜け殻でしたが、やっぱり元気なセミの方がよいですね。
網戸を開けると飛んで行きました。

今日は、入院途中から読み始めた、「坂の上の雲」ですが、ようやく完走して読み終わりました。
坂の上の雲 (1) (文春文庫)
DSCN1028_convert_20090823220246.jpg

坂の上の雲は、今年のNHK大河を短くして、2009年11月から3年かがりで放映すると聞いて、「どんな話なんだろ?」思い、人から本を借りて長々としながら6ヶ月で読み終わりました。

感想としては・・・
幕末→明治維新当時の兄弟にスポットを当てたものだが、当時の日本の状況というものが良くわかった気がしました。戦争っていうのは、やはりお膳立てするひとがいて、それに仕方なく土俵に乗ってしまう人がいるんだなって思いました。

大河ドラマというのは、案外世間情勢に遇わせたテーマを持って放映されるものなのですが、これから3年間、こういった帝国主義の対立・戦争のお膳立てが行われるのでしょうか?
日本は、そのときに、ロシア帝国のような末路をたどるような気がしました・・・。

スポンサーサイト

2009/08/23 22:30 | 日記COMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |